バイリンガルの定義

小さな頃から海外で過ごす事のメリット

親の仕事の都合など、幼い頃から海外で暮らして育った子どもは自然に英語を習得している事が多いでしょう。

子どもは耳で聞いて覚える力が強く、よりネイティブな発音での英語を覚える事が出来ます。
最初は全く理解していなくても、友達と遊んだりテレビを見たりしているうちにごく自然に英語をマスターしていきます。
論理的に言語を習得するのとは違って、負担なくスムーズに言語に触れて覚えていける事がメリットです。
逆に母国語の発達が完全ではない状態での他言語の習得となるので、家庭で日本語を使わない場合は英語だけが発達していくという事も考えられるでしょう。

バイリンガルを目指す場合は、日本の文化や言葉に触れる機会も忘れない事が大切です。

留学や転勤を生かす

学生であれば留学、社会人であれば仕事で転勤などになる機会もあるかもしれません。

語学を勉強しながらの留学であれば、より論理的に語学を習得するチャンスです。
仕事での転勤であれば、より高度なビジネス英語を否応無しに学ばざるを得ない状況となるでしょう。

子どもが他言語を覚えるのとはアプローチとは異なり、日本語の発音や語彙を完全に習得しきってからになるので日本語や日本文化のない環境のほうが効率的です。
文化の違いも肌で感じる事が出来るでしょう。
ビジネス面で学ぶ事も多いはずです。

いずれにしても限定的な期間の中で、いかに効率よく英語に触れて習得していけるかという部分がポイントとなるでしょう。
短い期間であってもバイリンガルを目指せる機会だと思い、積極的に言語や文化に触れる事が大切です。


この記事をシェアする