バイリンガルになるためにはどうすればいい?

バイリンガルを目指すために必要な事とは

海外生活は言語習得の最大のチャンス

バイリンガルという言葉は良く耳にするかと思います。
帰国子女だけをさす言葉だと思うかもしれませんが、そうではありません。
定義としては海外生活の経験の有無ではなく、2つの言語を自由に話したり出来る事です。

自由にとありますが、これは母国語として話す事が出来るレベルをいいます。
いわゆるネイティブといわれるレベルで会話が出来る事をさします。
さらに読み書きがスラスラと出来る事なども含まれてきます。

母国語として、という部分には文化的な部分での理解も大切な要素になってきます。
日本語と英語であれば、主語と述語の関係からも見て取れるように国民性や文化の違いが言語構成にも如実に表れるからです。
母国語として2つの言語を話す事が出来るという事は、それぞれの国で違う思考性やコミュニケーションなどへの理解も自然と出来ているという事になるでしょう。

日本でも企業によっては公用語が英語になったりと、グローバル化していく社会において他言語の習得は大きな武器となります。
これからを生きていく子どもたちの世代にとっては2か国語が話せる事は当然の社会となっていくでしょう。

英会話教室が大人だけでなく子ども向けにも増えている事も、英語習得のニーズがぐんと増えているからです。
バイリンガルになりたい、または子どもをバイリンガルにしたいと思う親は少なくないでしょう。

このサイトでは、バイリンガルになるための方法と親の関わり方についてまとめました。

バイリンガルの定義

バイリンガルに一番多いのは、海外生活の経験から言語の習得をしたパターンでしょう。 子どもであれば、知らないうちに覚えてしまうものですし、大人になっても生きた英語に触れる事は言語習得の大きな一歩です。 海外生活が言語習得に及ぼすメリットを確認しましょう。

国内で目指すバイリンガル

海外生活の経験がなくてもバイリンガルとして英語を話す事ができる人もいます。 その国で生活する事が一番の近道かもしれませんが、そういう機会がなくても言語の習得は可能です。 英会話教室やオンラインでの通信教育など。 時間を有効に使ってバイリンガルを目指しましょう。

バイリンガルを目指す子どもに対して

乳幼児期は親の関わり方次第で子どもの興味が大きく変わります。 バイリンガルを目指す親子にとってはどのような英語との関わり方が理想的なのでしょうか。 中高生になってからでもバイリンガルは目指せます。 本人の英語に対する興味を大きく伸ばしてあげる事がポイントとなります。